会社にとって印鑑は重要

印鑑イメージ

近々大学の先輩が資格を活かし事業を始めることになりました。
勉強のためにもと、少しお手伝いをすることになり、いろいろと勉強をしました。
事業をはじめるには、まず会社の基本的事項というものを決めていかなくてはいけません。
会社の名前を決め、どんな事業なのか、会社の住所、資本金などを決めなくてはいけません。
この時点でさまざまなことを確認して、定款を作成します。

他にもすることはありますが、最終的に設立登記の申請書を作成、法務局に登記申請をし、税務署や社会保険事務所などへの申請も行います。
そのときに初めて知ったのですが、法務局への登記申請を行うときまでに会社の印鑑を用意しなくてはいけないんです。
会社にも印鑑が必要・・・どこかで見たことがあると思います。
このときに必要な印鑑は「代表印(代表者印)」といわれるものです。
私たちはほとんどが印鑑を持っていますよね。
認印や銀行印などですが、この代表印というものはいわゆる実印です。
会社の実印で、一番重要な印鑑であるといえます。

他にも個人と同じように、銀行印、認印に当たる角印というものがあると非常に便利だということです。
会社の印鑑については実印、銀行印と揃えておくといいそうなんですが、まれに実印である代表印と銀行印を併用してしまっている会社があるといいます。
これは本当に危険な行為だそうです。
もしも印鑑をなくしてしまったら大変です。
その手続きは非常に大変ですし、セキュリティー面でも非常に危険なのです。

現在は銀行によっては代表印と銀行印を一緒にしないようにときちんと指導してくれるところもあるようですが、はじめから分かっていた方がいいですよね。
とにかく会社にとって印鑑は重要です。

広告[印鑑お急ぎではありませんか?]

ページの先頭へ