印鑑に違い?

印鑑イメージ

会社を設立したいと準備されている方は世の中にたくさんいます。
会社を設立するために一生懸命いろいろなものを準備していることでしょう。
その中の1つに印鑑があります。
印鑑というのは個人だけのものではありません。
会社にだって印鑑は必要なんですよ。
そうですね、たとえば車を買ったり不動産屋さんと契約したりするときに、そのお店の名前の入ったはんこが押されていませんか?
それが法人の印鑑です。

会社を設立する際には法務局へ印鑑も一緒に登録することになります。
このときまでに印鑑、つまり法務局へ登録する会社の印鑑を準備しなくてはいけません。
この登録された印鑑が会社の実印となるわけです。
ちょっと調べてみたら、会社の実印、代表印には関東式と関西式があるらしいということが書いてありました。

印鑑に違いがあるの?
印影を見てみるとよく分かるようですが、実印と銀行印の区別がつくように外周部分の円の上部、その中央部分に点が付いているか付いていないか、ということらしいのです。
代表印に点が付いているものが関西式であるといいます。
これはあまり知られていないようですね。

一般にも、関西式だとか関東式だとかあまり広まっているわけでもないようです。
印鑑屋さんなどの広告を見てみると、関西にある印鑑屋さんでも点を付けていないところもありますし、関東でも点を付けているとこがあります。
関東式だとか関西式だとかというこだわりはないようで、分かりやすく、ということで点を付けるか付けないかということのようですね。

ブックマークサイト

印鑑を買うときには、ここのサイトを参考にされることをおすすめします。
個人から法人まで、印鑑選びのポイントが紹介されているページです。

http://www.nttx.co.jp/

ページの先頭へ