簡単に真似のできないものを選ぶ

印鑑イメージ

会社を経営している人なら必ず持っている印鑑。
個人で持つあの印鑑とまったく同じ意味を成します。
会社を始めるときには持っていなくてはいけない印鑑です。
この印鑑が会社の実印である代表印(代表者印)となります。
会社の実印というのはなかなかお目にかかれないものです。
印鑑屋さんなどの広告やホームページなどを覗いてみるとどういう感じのものなのかって分かると思います。

会社の代表印は、一般的には丸型です。
内側には役職名が彫られます。
株式会社であれば代表取締役、と入ります。
他に、取締役印、代表者印、また代表者の名前などが入ることもあります。
外側には会社名、事業所名、屋号などが入ります。
どんなに長くても(株)というように省略することはありません。
印鑑をつくるお店にもよるようですが、そのお店の決まった文字数は一応あるようなので確認するといいかもしれません。

NPO法人の場合でも実印は必要です。
理事調印になります。
この代表印は個人の実印と同じものとして考えるならば、実印ですから、非常に大事なもので簡単に人目に触れるように捺印するものではありません。
ですからその書体に関しても簡単に真似のできないようなものを選ぶのが良いとされています。
書体には少し崩れた書体になる印相体や篆書体が人気だそうです。
すぐに何が書いてあるのか分かるというよりはこういった書体で書かれているものの方が簡単に偽造されないということもあるので、そういった点もよく考えながら会社にどんな書体が合うのか、好みも含めてつくるといいでしょう。

ブックマークサイト

印鑑の便利サイトのご紹介です。

実印登録・印鑑証明の発行の仕方はこちらのサイトをご参考に!

ページの先頭へ