印鑑でとても危険な行為

会社の印鑑イメージ

今度横浜で事業を始めることになりました。
会社を始めるにあたって必要なものをいろいろとそろえていますが、なかなかお金がかかりますよね。
会社を始めるときには会社の印鑑も必要になります。
法務局への登録の際には印鑑が必要なので登録するまでには印鑑を用意しておかなくてはいけません。
その印鑑、登録したものが代表印になりますが、代表印というのはいわゆる実印です。
これを準備しなくてはいけません。

準備するのは実印だけでなく銀行印や角印といわれる、まぁ認印のようなものなどが一般的に会社設立時に揃えておくとよいとされています。
先に事業を始めた先輩からのアドバイスでは、横浜にも印鑑を扱うお店はいくつもあるので法人の人でもこれから会社をはじめる人でもお店に相談して代表印や銀行印をつくるといいと言われました。
特に代表印は代表者印ともいいますが、実印なんですから会社にとっては重要なものです。
この代表印を銀行印として使用している人もいるようですが、これはとても危険な行為なんだそうですね。
危険な行為というのは、もしも、同じ印鑑を使って実印と銀行印としているのなら、なくしてしまった場合とても大変だということ。

また、銀行印に実印を使うということは目に触れるということになるので、それもまた危険だということ。
何よりも偽造されてしまう可能性が非常に高まるということでもあるのです。
もちろん、それはその会社の考え方ひとつですが、できるだけ危険な行為は行いたくないですよね。
せっかくつくった会社を危険に晒すということはしたくないですから。

ページの先頭へ